お役立ち情報

2022.11.30

年末調整について

11月といえば皆さん年末調整の書類は整いましたか?
業務部の12月は年末調整処理で大忙しです。毎年間違いがあっては
いけないので、慎重に年末調整処理を行っています。
さて皆さんは年末調整とは何か?ご存知ですか?毎年書類を書かされるけど
いったい何?と思っている方も多いのではないでしょうか?
新しく社会人となった方もいらっしゃると思うので簡単にご説明します。

年末調整とは・・・・毎月給与から天引きされている所得税はみなしで計算されています。年末の最終給与時に、1年間天引きされた所得税と本来納めるべき税額を計算して、過不足精算する制度です。


収入(年収・総支給額)- 必要経費(給与所得控除)=所得金額
所得金額 – 所得控除① = 課税所得金額
課税所得金額× 税率 = 税額
税額 – 税額控除② = 納めるべき税金の額


① 所得控除(15種類)
※基礎控除、配偶者控除、配偶者特別控除、扶養控除、勤労学生控除、寡婦控除
障害者控除、生命保険控除、社会保険料控除、地震保険控除、小規模企業共済等掛金控除、ひとり親控除は年末調整で受けられます。
※医療費控除、雑損控除、寄付金控除は所得控除を受けるために確定申告が必要です。

② 税額控除(原則として確定申告されなければ適用されません)
  配当控除、住宅借入金等特別控除、既存住宅の耐震改修した場合の特別控除、
  政治活動に関する寄付をした場合の特別控除、外国税額控除等があります。

みなさん忘れずに年末調整の申告を行いましょう。

社会保険料等についても多くの質問を頂きますので計算方法についてご説明します。

社会保険料等とは
健康保険料、厚生年金保険料、介護保険料、雇用保険料等です。

健康保険料、厚生年金保険料、介護保険料については
4月5月6月の給与の平均から標準報酬月額が決定し毎年10月に変更されます。
その標準報酬月額に保険料率を掛けた金額が会社と折半されます。
令和4年10月現在の保険料率(入っている団体により異なります。)は
健康保険料9.81%
介護保険料1.64%
厚生年金保険料18.3%です。
(9.81%+1.64%+18.3%)÷2=14.875%×標準報酬月額=天引き額と覚えておくと簡単です。


雇用保険料は月の賃金総額に雇用保険料率を掛けた金額です。
令和4年10月現在保険料率(業種について異なります。)は1.35%
従業員負担0.5%
会社負担0.85%です。
※社会保険等の料率は随時変更がありますので確認が必要です。

住民税については
前年1月~12月の所得と確定申告の結果で5月頃に各市町村より
通知されます。12分割され6月から翌年5月給与から天引きされます
給与から天引きされることを特別徴収、本人が支払うことを普通徴収と言います。

皆さんも一度給与明細書を確認してみてはいかがでしょうか?



業務部
2022.10.14

いつまでも自分の歯でおいしく食事をするには

食欲の秋ですね。旬の食材がたくさんありますね。
〈ぶどう・栗・サツマイモ・柿・サンマ〉等楽しみです。

alt
いつまでも自分の歯でおいしく食事がしたいですね。

いつまでも自分の歯でおいしく食事をするには!

8020〈80歳になっても自分の歯を20本以上保つ〉運動が始まり30年が経ちました。
当初は10パーセント以下
20年後には21パーセント
昨今では50パーセント以上が達成しています。

8020を達成するためのポイント
☆毎日ハミガキをしている。〈一日3回以上みがく。デンタルフロス、歯間ブラシ、フッ素入れ歯磨き粉を使用〉
☆ 定期健診
☆ 歯並び、かみ合わせを整える。

早くから心掛けて予防をすることがポイントです。
居宅支援事業所 浦安
2022.09.20

大切な睡眠について

皆さんは毎日良い睡眠が取れているでしょうか?
睡眠は脳や身体の疲労回復、修復、又記憶の整理、定着を行います。
必要不可欠な睡眠ですが、現代人は24時間営業のお店があり、テレビやインターネットでいつでも情報が得られ、夜間でも活動できる社会で生活しています。その為夜間の活動時間が長くなり、十分な睡眠時間を確保することが難しくなっています。
日本人の平均睡眠時間は世界でワースト2位の6時間44分だそうです。欧米諸国と比べて顕著に短くなっています。
しかし睡眠の不足時間を足していく睡眠負債がたまると、プロスタグランジンD2という物質が蓄積し認知症やがん、生活習慣病のリスクが高くなります。
又食欲を抑えるレプチンというホルモンが減少し、食欲を高めるグレリンというホルモンが増えてしまう為、肥満につながってしまいます。恐ろしいですね〜。
何とかうまく生活を調整して睡眠時間を確保したいですね。



さて 睡眠の時間 も大切ですが、それと同時に 睡眠の質 も重要となってきます。

質の良い睡眠をとるポイントを御紹介したいと思います。 

☆ 寝る前に体温を下げる ☆
人間は副交感神経が優位となり深部体温が徐々に下がっていくと、休息モードに入り眠くなります。そして朝には交感神経が優位となり徐々に体温が上がり、覚醒して活動モードになります。ですから深い睡眠を取るには、就寝前に深部体温をぐっと下げることが大切です。床につく2時間位前に運動や食事、入浴を済ませ、体温を下げてから布団に入ると良いです。

☆ 光を調整する ☆
光は人間の睡眠と覚醒に大きく関係しています。
光は体内時計を24時間周期に修正する鍵となります。朝にしっかりと光を浴びることで、夜の眠りが決まります。
日中に光を浴びると、睡眠物質のメラトニンの原料となるセロトニンが大量に分泌されます。つまりは睡眠時のメラトニンも増えるということです。
朝起きたらカーテンを開け、日光を浴びましょう。
夜間の照明は明るく照らしすぎないように日中とメリハリをつけましょう。
寝る1時間前には太陽の光と似ているブルーライトを発生させるスマホやパソコンを使わないようにしましょう。

熱帯夜も終わり過ごしやすい秋に入りました。秋の夜長に音楽でも聞きながらリラックスして眠りについてみてください。質の良い十分な睡眠で皆さんのお疲れが取れますように!


城東訪問看護ステーション 看護
1 2 3 »

CONTACT

お問い合わせ

ラビットのサービス、各事業所へのお問い合わせはこちらからお願いいたします。採用についてのお問い合わせは、採用情報のページからご連絡ください。

RECRUIT

採用情報

ラビットの仲間たちと一緒に働きませんか?ワークライフバランスを大切にし、自分に合った働き方で働くことができます。未経験の方でもOK!先輩や上司が全力でサポートします。

- CafeLog -