お役立ち情報

2022.08.25

~冷房病のツボ療法~

連日30℃を超える暑さが続いています。現代は暑さによる夏バテだけでなく、冷房の効いた室内に長時間いる事による冷房病で体調を崩す事も多いようです。
冷房病は体が冷え過ぎたり、急激な温度変化に対応できずに自律神経が乱れる事で起きると言われていて、頭痛・めまい・手足の冷えやむくみ・体のだるさ・不眠・食欲不振・下痢・便秘・生理不順・肩こり等様々な症状が出現します。
ここでは冷房病に効果がありセルフケアしやすいツボとケア方法を紹介したいと思います。

☆お勧めのツボ

・三陰交(さんいんこう) 内くるぶしの一番高い所から指4本分上。
・合谷(ごうこく) 親指と人さし指の骨が交わった所から、やや人さし指寄りのへこみ部分。
・湧泉(ゆうせん) 足でグーをした時、足裏で一番へこんでいる所。
・関元(かんげん) 正中線上でおへそから指4本分下。

alt




☆ペットボトル灸

①ホット用のペットボトル(オレンジ色のキャップ)を用意(写真①-1,2)

②容器の1/3に水を入れ、その後一杯になるまで熱湯を注ぎ、キャップをしっかり閉める(約70~80℃の温水になります)(写真②-1,2)

③底の部分をツボに当てたり離したりを繰り返す。(1回3~4秒を上限に3~5回)(写真③-1,2)


alt
alt
alt

※熱さがきつい場合はタオルや下着の上から行います。回数以下でも部位が赤くなったらやめてください。
※決して熱さを我慢しないでください。
※知覚異常のある方、糖尿病のある方はやらないでください。

担当 居宅介護支援事業所瑞江 文責 市橋(ケアマネージャー・鍼灸師)
2022.07.20

ネバネバ万能タネ




訪問介護 浦安 大野
2022.06.08

脱水予防

関東地方も梅雨入りし、これから暑い時期になりますね。暑い時期は脱水・熱中症になる危険があります。
熱中症の水分補給には、水やスポーツドリンクではなく経口補水液が良いと言われています。
水分と一緒にナトリウムなどの電解質が失われ、体内バランスが崩れてしまうため、水分と一緒に塩分・糖分も補給することが大切です。最も効果的に水分が吸収されるには、塩分に加え糖分の摂取も必要だからです。
そこで、今回は家で簡単に作れる経口補水液についてご紹介します。

 <準備するもの>
・コップ1杯の水  200ml
・さとう       8g (スティックシュガー約1本分)
alt

・塩        0.6g 
  塩は割りばしを2つに割って片方の端の太い方を塩にくぐらせます。この時割りばしにのった塩が0.2-0.3gなので2回すくいます。
alt

 水にさとうと塩を入れて、よく混ぜます。
alt

 できあがり
alt

 脱水予防にはこまめな水分摂取が必要です。図のようなタイミングで摂取できるようにしましょう!!!

alt

  みずえ看護
« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 »

CONTACT

お問い合わせ

ラビットのサービス、各事業所へのお問い合わせはこちらからお願いいたします。採用についてのお問い合わせは、採用情報のページからご連絡ください。

RECRUIT

採用情報

ラビットの仲間たちと一緒に働きませんか?ワークライフバランスを大切にし、自分に合った働き方で働くことができます。未経験の方でもOK!先輩や上司が全力でサポートします。

- CafeLog -